ジャンプ力に定評のある前田

ジャンプ力に定評のある前田が書くブログ

恋する2人がもう一度出会うまで

f:id:meadameada:20170703180816j:image

たかしの夏

ある夜、たかしは神社に向かっていた。

 

神社の参道へと続く商店街の両端には出店が並んでおり、イカ焼きの甘いタレの匂いが胃袋を刺激してくる。

 

どこかで鳴り響く太鼓の音は行き交う人々のお祭り気分を盛り上げている。

 

「結局、いつもと同じ夏か。」

 

そう呟きながら歩く。

 

神社に特に用はない。

「祭りの日に家にずっといるのは寂しい」という理由だけでふらっと神社まで歩いて帰ってくるのを毎年繰り返していた。

 

何も買わずに神社に行って、何も買わずに帰ってくる。

 

本当に毎年それだけだった。

しかし、この年は違った。

 

「チョコバナナクレープ一つ」

足を止めてクレープを買ったのだ。

たかしは高校2年になったこの春にバイトを始めており、お小遣いにも余裕があった。

 

 

たかしはクレープを一口かじる。

クレープの甘い香りがバイト先のアイツの事を思い出させて複雑な気持ちだ。

 

「本当は一緒に来るつもりだったのになあ…」

 

 

たかしは俯く。

 

そんな彼に夜空を見上げさせたのは花火だった。

 

ヒュ〜〜〜〜〜ドン!

 

そこには夜空にキラキラと輝き、降って来るような満天の花火。

 

「ゆっくり歩くか」

 

たかしのすぐ隣には神社まで800mと書かれた看板があった。

たかしは神社に10分で着くように歩くことにした。

 

 

 

しょうこの夏

神社で恋みくじを引いた。

 

【大吉】とあった。

 

そんなのウソだ。今日は散々だった。

たまたま今日はアイツとバイトをあがる時間が同じで、いつものように着替えながら喋っていたら些細な事で喧嘩になった。

 

「お前は何も分かってない!」

そう言ってアイツがタイムカードを切って出て行った瞬間が完全にお互いの心がすれ違った瞬間だった。

 

タイムカードには新たに17:16の文字が記されていたのを覚えている。

 

多分私はアイツの事が好きで、アイツも多分私の事が好きだ。

 

本当は今日、気持ちを確かめてみたかったのに…。

 

 

ヒュ〜〜〜〜〜ドン!

 

 

 

そっか…花火が上がったって事はもう20時か。

そろそろ商店街を戻るか。1人で花火を見ても悲しくなるだけだし…。帰りにクレープでも買って帰ろう。

 

しょうこは足早に分速100mで商店街を戻り始めた。

 

 

 

 

Q.2人が出会うのは2人の心がすれ違ったあの時から何分後でしょうか。

(ジャンプ力に定評のある中学 2016年度)