読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ力に定評のある前田

ジャンプ力に定評のある前田が書くブログ

音楽家ん能小節

 

f:id:meadameada:20170518131155p:plain

男はシューベルトを外し、ズボンをおろす。

そして女のなだらかな背に手を回しブラームスをゆっくりと脱がせると、

たわわに実ったモーツァルトがあらわになった。

 

モーツァルトの頂点にある黒鍵を弾いてみると甲高い音を鳴らす。

その声に思わず男のカスティリオーニはクレッシェンドしていき、最終的にフルバッハしていた。

 

 

 

(中略)

 

 

 

 

女の秘めたるワーグナーをじっくりと焦らすようにチャイコフスキーする。

ワーグナーからは甘いメロディがとろりと溢れ出していた。

男は女の耳元で囁くようにこう言う。

「君のワーグナーはこんなにもベートーベンになってるよ」

 

 

 

(中略)

 

 

 

男は指揮棒を振り、女を奏でさせていた。

 

 

「ショパン!ショパン!」というボディパーカッションの音が室内に響き渡る。

 

男は「ヴィ!ヴィバルディィィイ!!」と声あげた。

その瞬間、血管が浮き出るほどバッハしたカスティリオーニから、

白濁した音符達がドピュッシーという音を立てて注がれたのであった。

 

 

 

 (中略)

 

 

 

幸せに包まれながらいつの間にか2人は眠っていたが、ふとした拍子に男が目覚めた。

男は隣に寝ている裸の女の髪を優しく撫でる。

 

男は女がすこし寒そうにしているのに気づいた。

男は、こう呟いた。

 

 

 

 

 

「パンティ葉加瀬太郎…」 

 

Fine