読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ力に定評のある前田

俳人のジャンプ力に定評のある前田が書くブログ

採用しないことを企業に推薦する 推薦文を書いてもらった

f:id:meadameada:20160905112839j:plain 

なんか就活してるときに

あ、俺無理だろうなーって思ったんですよね。

夏までに内定もらうのが。

 

 

夏までにだめだったら

どの企業も採用活動も終わってて、ヤバいんだろうなーと思ってました。

 

そこで、企業の採用活動が終わってても無理やりにでも会ってもらうことができれば!!!と考えてやったのがこれです。

 

 

 

「前田を採用しないことを推薦する推薦文」を企業に送り付ける

 

 

 

とにかく、フェイスブックやツイッターで呼びかけて前田の悪口を集めました。

この時はリア友に限定して集めました。

 

文章だけでなく嫌われている動画も作ろうとしていました。

 

 

しかし、実際は集めただけで、これを送らずに済みました。

集めている期間中に奇跡的に内定もらったのです。

 

 

 

困ったときは逆をやる」僕の考え方の一つです。

普通に自分をアピールする書類を採用活動を終えた企業に送っても見てもらえません。

でも、悪いところをアピールしまくったら、面白がって会ってくれるかなと考えたのです。

 

それでも会ってくれなかったら、毎日それを企業に郵便で送りつけるつもりでした。

もう送らないでくれ」という伝えるためであったとしても、

会ってさえくれればチャンスはあると思ったからです。

 

では実際にどんな悪口が集まったのか紹介します。

 

 

 

前田を採用しないことを推薦します。
彼は、困ってる人がいたら笑うし、勝つ為ならどんな汚い手を使ってでも人を騙してでものし上がろうとします。

そのくせ汚い場所には居たがらず、やりたくない事は絶対にやらないなど本当に面倒臭いです。

パッと見の誠実さに惑わされてはいけません。

どうか考え直してください。

 

これはかなり的を得てますね。

困っている人がいたら笑います。悲しい瞬間って笑えませんか?

勝つためならどんな汚い手でも使います。勝ちに徹しますね。

やりたくないことはしません。

 

 

 

 

 

前田を採用しないことを推薦します。
推薦の根拠を以下に示します。

まず、汚い、臭い、人間ではない、くたばれ、地獄に落ちろ、二度とガチマ潜るな、夏の贈り物、公害、環境問題、この世全ての悪、憎しみそのもの

いいですね。この根拠のない罵倒感が。地獄に落ちろとまで言われています。

スプラトゥーンのガチマッチにも潜るなと言われています。

ここまで言われてる奴は一体どんな奴なんだろうと気になってくれたらいいなーという狙いです。 

ちなみにこんな奴なのでこの罵倒も間違っているとは言い難いです。

www.meadameada.net

 

 

 

 

 

前田を採用しないことを推薦します。
彼には常人には考えもつかない性癖があり、それは日に日に増加しています。

高1の頃、すでに背中フェチという趣味が視姦でなければ目覚めそうにもないものを公言しており、最近だと男女問わず乳首画像の収集に目覚めたそうです。

ちなみに私のは良しと太鼓判をいただきました。

就活で送る資料には生年月日、長所短所、志望動機などが普通ですが

性癖も企業にお知らせします。

もう、就活に失敗したら失うものはないので、ガンガン攻めるべきですね。

失敗してからで大丈夫です。

 

僕は普通の就活シーズンに攻めすぎて第一志望の企業に落ちました。

www.meadameada.net

 

 

 

 

前田を採用しないことを推薦します。
彼は前田ですが、僕はマサトといいます。
物事には熱心に取り組み、一度決めたことは最後までやるのがモットーです。
顔も中の上、成績優秀、座右の銘は不労所得
よろしくお願いします!

人の推薦文を借りて自己PRを始める奴まで出てきました。

PRの仕方も間違っているので彼自身もきっと採用されません。

しかし、確かにこの就活の仕方もアリでしょう。

社長を推薦する文を書きつつ自分もちゃっかりアピールする文章を送り付ける就活面白いですね。

 

 

 

就活シーズンの波に乗りおくれてどの企業も採用をやっていないという状況になったとき、正面からぶつかっても相手にされません。

 

こんな推薦文を集めたり

毎日、企業へのラブレターを書いて郵便で送りつけたりしてればとりあえず会ってくれるみたいです。(何名かの社長に実際に聞いた

 

もし就活の時期を逃していたら参考にしてみてください。

 

【今日の俳句】

靴は履くためにある

www.meadameada.net