ジャンプ力に定評のある前田

ジャンプ力に定評のある前田が書くブログ

さくらんぼの種を出す瞬間を接写させてくれる方を探しています

f:id:meadameada:20160904210824j:plain

 

タイトル通り探しています。

 

すごく恥ずかしい瞬間じゃないですか?

サクランボの種を口から出す瞬間って。

 

僕はその瞬間を見届けたいのです。

 

僕は女の子が口から種を出している瞬間を見たらいつもガン見しています。

そして、本人の前で「僕は女の子が種を口から出す瞬間が好きだからガン見してるよ!!」と宣告もします。

すると、もっと恥ずかしがってくれるのでとても愉快です。

 

なぜ恥ずかしがってると良いのか

恥ずかしいことは恥ずかしいことではありません。(本日の名言です。)

むしろ人類に必要なことです。

 

もしも羞恥の感情が無かったら

 

人は夏、全裸です。

 

 

暑いからと言って全裸で女性に過ごされるとさすがに世の男性は慣れてしまいます。

 

性欲も芽生えることはないでしょう。

そうなると子孫も反映させることはできません。

 

人類は滅亡します。

 

たとえ、衣服を身にまとっていたとしてもパンツ見せてくれと言えば見せてくれるのです。

そんなの望んではいませんよね。

 

恥ずかしいというのは大切な感情なのです。

感謝の気持ちと同様に大切な大切な感情なのです。

美しい感情なのです。

 

だから接写させてください。

f:id:meadameada:20160904210153j:plain

 

 

 

なぜ種を出す瞬間に恥ずかしさを感じるのか

口に入れる瞬間は恥ずかしくないのになぜ出す瞬間は恥ずかしいのでしょうか。

 

考えてみると恥ずかしいと感じる瞬間は出す瞬間ばかりです。

 

人前で目薬はさせるのに、涙を流すのは恥ずかしい。

人前で鼻はすするのに、鼻をかむのは恥ずかしい。

人前で耳で音楽は聞くのに、耳毛が出ていると恥ずかしい。

 

このように出す時ばかり恥ずかしいです。

 

未だに僕はなぜ出す時だけ恥ずかしいのか理解できません。

そこで、接写するという究極に恥ずかしい状況を作り出し、女の子に「今どんな気持ち?」と聞いてみたいのです。

 

だから接写させてください。

f:id:meadameada:20160904210153j:plain

 

 

なぜさくらんぼの種ではないといけないのか

まず、ビー玉とかのただの異物は論外です。

だってそんなの日常生活で口に入れることないし、リアリティがないから。

 

口に入れるにはまず食べ物である必要があります。

そして、口から排出してもらうために口の中で異物に変わらなければなりません。

 

そう考えると自ずと種のある果物ガムに限られてきます。

 

しかし、ガムもあまりよろしくありません。

なぜなら排出した後のガムはそこまで生生しくないからです。

 

僕は種の周りに果実が微妙にこびりついている感じが生々しくて好きなのです。

ということで果物もいくつかに絞られてきます。

 

次に大切にしているのは緊張感です。

茶道に通ずるところがありますね。

 

何個もバクバク食べて、種を吹きまくるのはものすごく下品です。

ブドウとかスイカとかですね。

 

一粒の緊張感を持って僕は種を出してほしいのです。

そうなるとサクランボくらいしかありません。

 

サクランボなんて、せいぜいパフェの上に一つ乗ってるくらいなので

その一粒がとてもレアですね。

サクランボが至高です。

 

だから接写させてください。

f:id:meadameada:20160904210153j:plain

 

 

誰か撮らせてくれる人はいませんか

しかし、撮らせてと言っても誰も撮らせてくれません。

 

学校の先生にこの話をしたところドン引きされたこともあります。

もう、信頼を失いたくありません。

 

 

そこでインターネットの力を借りようと思っています。

 

サクランボが乗ったパフェ食べさせるので誰か接写させてください。

動画と静止画とスローモーションで撮りたいです。

写真集とか映像作品にして公開したいです。

 

希望があれば口元にモザイクをかけます。

 

 

場所は京都

サクランボの乗ったパフェをご馳走します。

 

どなたか京都でクールジャパンしませんか?

f:id:meadameada:20160904211008j:plain

 

【今日の俳句】

ダイソーにビールは多分売ってない