読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ力に定評のある前田

俳人のジャンプ力に定評のある前田が書くブログ

なぜ「デザインが致命的に下手」と講評された建築学生の僕が1日で1万円を稼げたか

建築

こんにちは、建築を学び始めて7年目、現役建築学生のジャンプ力に定評のある前田(@blacktnbt)です。

よろしくお願いします。 

 

突然ですが、建築学生のあなたはこれらの項目にいくつ当てはまりますか?

 

  • 講評会でボロクソに言われたので将来建築で食っていく自信がない
  • スタイリッシュにスタバにMac Bookを持って行ってドヤ顔で作業したい
  • 建築士試験のために日建学院や総合資格に通おうと思っている
  • 長期休暇中に海外に建築を見に行きたい

 

 やりたいことをやるお金が無かったり(模型材料代、お前のせいだ)、

いまはそれができていても将来的にどうなるのか学生のうちから不安感を感じることが多くあるかと思います。

 

結構建築学生ってハードモードですよね....

 

しかし、実はそのハードモードな学生生活をノーマルモードに変える方法があります。

(あっ、建築学生の時点でイージーモードはあり得ないです。ごめんなさい。)

 

この記事を読む時間も含めて5分でできることです。

 

 

建築学生はバイトなんかやるな

やりたいことをやるために、買いたいものを買うためにバイトしようにも

課題で忙しく、建築学生には難しいですよね。

 

そんな中でも、バイトをしている偉い人たちもいますが、

中には建築学生なのに普通に飲食店とかでバイトしている人がいて非常にもったいないなと思います。

 

  • 学生ながら、特殊なスキルがあるのにも関わらず、誰でもできるようなバイトをして、普通の人と同じ給料で働いている点
  • 建築の勉強にならない点

 

この2点、非常にもったいないですね...

 とは言ってもお金は必要ですよね(笑)

 

悩ましいですが

 

要はそういったお金を稼ぐのにも

勉強時間を圧迫しないくらいの時間で多く稼げて、さらにそれが自分の勉強になりさえすればいいんです。

 

その方法をご紹介します。 

 

  

個人でモノ、データ、スキルが売れるBASEがオススメ

BASE というサービスをご存知でしょうか。

無料で30秒でネットショップを開設できるサービスです。

 

そう、僕がお勧めしたいのはネットショップなのです。

 

「え?家を売るの?」という声が聞こえてきそうですがそれは違います(笑)

 

普通のネットショップとは違い、

BASE では「モノ」だけでなく「データ」や「スキル」も売ることができるのです。

 

そして僕はこれで一日で1万円を稼いだことがあります。

 

大きい字で書きましたがもちろん奇跡に近い偶然です(笑)

タイトル通り僕はめちゃくちゃ建築デザインが下手くそで才能とかはないので、

普段はここまで稼げませんよ!

 

でもバイトする必要もなく、「あ、これってお金になるんだ」ということに気づけさえすればもしかするとこんな偶然も起こせるかもしれないんです。

 

イメージしづらいと思うので具体的に建築学生がどんな商品を売ったら良いか解説します。 

 

 

建築学生のBASE活用法

素材販売(データ)

撮りためて来た建築写真、

フォトショで切り抜いた人物の添景のデータを売れます。

 

敷地写真の代理撮影(データ)

僕は逆にこれにお金を支払ったことがあります。

僕は京都に住んでいますが、卒業設計の敷地に選んだのは、東京の敷地でした。

敷地の写真を撮るためだけに東京に行くのは時間とお金の無駄だと考えた僕は東京に住んでいる方に、撮影をお願いし、7000円をお支払いしました。

 

このように「そこに住んでいる」というだけで価値になることがあるのです。

 

 

 

模型製作(スキル)

僕はこれを主に売っていました。

先輩にボランティアでお手伝いとかすごくバカバカしいですね。

ご飯はご馳走してくれるかもしれませんが、こっちは貴重な時間を丸一日使ってるので割にあわないです。

勉強になるんならお金を払ってでもお手伝いしたいところですが、やらされるのは単純作業ばかりです。

なので僕は対価をお金という形で得るようにしています。

 

ネットショップにすることで知り合い以外からもお手伝いを頼まれたりもします。ぼくも一度だけあります。

これも「これだけ払ってほしい」ということを明示しておくことで、向こうからしても頼みやすいんですよね。

 

 

 

 

過去の作品を販売(データ)

学校の課題をやる時間がない忙しい人、そもそもやる気がない人のためにあなたが過去に製作したデータを販売するのはどうでしょうか?

 

最終プレゼンシートのデータだけでなく、模型や中間発表のデータもあるといいかも知れません。

 

忙しい今となっては僕もこれらのセットが売っていたら2万くらいで買いたいです。

 

 

プチ建築アドバイザー(スキル)

勉強してきたことをスキルとして売れます。

 

建築・デザインを数年間勉強していたらちょっとしたアドバイザーにもなれます。

スカイプなどでどこかの建築学生の課題の相談に乗ってあげたり、

家を新築、リノベーションするどこかのご家族に間取りやデザインのアドバイスをしたりできます。

そのアドバイス料として幾らか戴くのです。

 

 

家具選び同行サービス(スキル)

ファッションオタクのとある方はBASE を利用して

買い物に同行して一緒に服を選ぶサービスを提供されています。

 

これの家具バージョンです。

建築を勉強している中で培ったセンスをガンガン活かしましょう。

 

 

オリジナルグッズ販売(モノ)

モノを売る場合のことを話しておきましょう。

 

Tシャツなどのオリジナルグッズを売りたい場合

BASE のAppsを利用すると簡単に在庫を抱える事なく売ることができます。

受注されたら生産するという形式なのでノーリスクで売れるのです。

 

建築学生のデザインスキルを活かしてオリジナルグッズをつくって

販売してみてはどうでしょうか?

 

オリジナルグッズをつくるとはいっても

新たに何かをデザインしなくてもいいのです。

 

例えば、図面をどーんとTシャツにするだけでユニークでかっこいいですよね?

過去に作った作品から

スケッチ、CGを使ってオリジナルアイテムにしたりとアイデア次第でいくらでも作れます。

 

過去に作ったものをいい感じにレイアウトしたり、

加工するところがデザインスキルの見せ所です。

 

 

家具・プロダクト販売(モノ)

もちろんBASEのAppsを使わずにイチから

デザイナーとしてネットで自分がイチから作った商品を売ってみるのもありです。

 

 

図面制作(スキル)

スキャンした図面をcadでトレースする作業はオンラインでのやり取りで完結するのでいいですね。

卒業制作に追われている僕が今、最も依頼したいお仕事です笑

一万でも人に頼みたいです。

 

 

 

 

BASEの使い方

さて、大体の使い方のイメージはつきましたか?

 

要するになんでも売れるんです。

 

 

初めに僕はこの記事を読む時間も含めて5分で準備が整うと書きました。

ここまで1分くらいで読めるのではないかと思います。

 

 

それでは残りの4分で早速、ネットショップ開設してみましょう!

 

まずはBASE (クリックで開きます)のページを開いてください。

 

 

1.無料でネットショップを開く をクリック

 

 

2.ショップURLを決めて、メールアドレス、使用するパスワードを入力。利用規約に同意するにチェックを入れて ショップ作成

 

 

3.アカウントの登録完了

 

 

BASEは30秒でネットショップが作れると謳っていますが、

このように本当にできてしまいます。

 

時間が余ったので商品を登録しちゃいましょう!

 

 

1.メール認証後、商品を登録しましょう! をクリック

 

2.商品名、価格、商品説明などを入力して商品登録完了です。

 

スキルや既にあるデータを売るんだったら一瞬で終わります。

 

 

まだ時間が余ってたら宣伝もやっちゃいましょう。 

facebookやTwitterで「ネットショップ作りました!」と自分のネットショップのURLを投稿するんです。

 

 

 

建築学生にしかできない稼ぎ方って?

いかがでしたか?

何度も書いている「金と時間が無いこと」が建築学生の弱みだとすれば

 

建築学生の強みは行動力とアイデア力です。

 

この2つだけなら僕は他の建築学生には負けません。

周りの誰よりも早くBASE を使ってこのアイデア力を生かして自分を売り出しました。

 

普通の学生はネットショップが無料で、しかも5分もあれば出来ることだと知っても

後回しにしちゃうんですよ。で結局やらないんです。

この点で僕は勝っていました。

 

「建築学生にしか売れないものを売ること」以前に「いますぐやる」ということがもう既に僕のような建築学生にしかできないことなのです。

BASEはこちら