読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ力に定評のある前田

俳人のジャンプ力に定評のある前田が書くブログ

建築士試験受験では総合資格や日建学院の「合格率」に騙されてはいけない

建築

 

 

www.meadameada.net

www.meadameada.net

 

 

 

 【注意】総合資格や日建学院のキーワードで検索してたどり着いた方へ

こちらの記事は資格学校について書いたネガティブな内容の記事です。

また、個人的な見解も含まれており

情報には古い内容が含まれている場合もございます。

 

 

資格学校に通うことを決めている方にはこちらの記事をお勧めしています。

ぜひ、稼いだお金を授業料に充ててください。

www.meadameada.net

 

 

 

f:id:meadameada:20160814121854j:plain

はじめに

二級建築士試験対策に独学で対策するか資格学校に通うか迷っていた時期がありました。

そんな時期に日建学院と総合資格学院のホームページに堂々と書かれていた様々な数字を見て、これはひどいと思ったことがあったので書きました。

一般的な学習塾全般にも言えることです。

 

 

 

合格率に騙されるな

日建学院のホームページを覗いて見ると二級建築士試験合格実績として学科試験の合格率97.3%とデカデカと書いてあります。

 

しかし、その下に小さくこのように書かれています。

 

※上記合格率は、2級建築士学科コースに在籍し、本講義出席率80%以上で宿題提出率80%以上、公開模擬試験正答率70%以上の基準を満たした方の合格率です。模擬試験のみの受講生や教材購入者、無料の役務提供者は含まれておりません。

 

出席率と宿題提出率の高い人で

さらに、模擬試験の成績が合格圏内の人に限った合格率って…

 

そら合格率97.3%にもなるわ…

 

模擬試験の成績高い人限定という条件は論外ですが、

 

出席率と宿題提出率高い人限定というのも微妙です。

営業で散々、学校に通うとモチベーションが保てるとアピールしてくるにも関わらず、

このようにやる気ある人だけのデータを示すのはどうかと思います。

 

 

モチベーションを保てるとアピールして入学させるのなら

是非とも全受講生中、何人がその出席率、宿題提出率80パーセント以上の基準を満たしているのか知りたいですね。

 

社会人として働きながら学校に通って勉強する人にとってもどれだけの人が仕事と勉強を両立出来ているのかを知るいい指標になる思います。

 

合格者占有率に騙されるな

学科と製図を一年のうちにストレートで合格した人のストレート合格者の占有率を

総合資格では総合資格の受講生が40.2%であると打ち出しています。

一見、すごい数字のように思いますがよくよく考えると全くすごい数字ではありません。

ただ単に総合資格に通う人の人数が多いだけだと思います。

 

イメージしてみてください。

二級建築士試験を受けようという人が10人集まったら4人が総合資格に通う人、4人が日建学院に通う人、残り2人が他の資格学校・独学で受ける人になりそうですよね。

 

ストレート合格者占有率が4割というのは普通の数字です。

占有率を見るときは母数はどれだけなのか考えてみましょう。

 

他校との比較に騙されるな

例えば日建学院の合格実績ページを覗くとトップに一2015年度の1級建築士試験の合格率が表示されます。

日建学院の合格率は61.3%です。

その下に日建学院修了生以外の受験生の合格率35.3%

その差26%と強調されています。

 

これを見て総合資格だめじゃんと思ってしまってはいけません。

日建学院の思うつぼです。

この数字の差は総合資格から客を奪うために、

出来の悪い人を総合資格に押し付けて生まれた差だと僕は思っています。

 

まず、こちらの記事で最初に述べているように

www.meadameada.net

 

 製図試験だけは学校に通わない独学だと圧倒的に不利です。

 

 

『日建学院修了生以外の受験生』には総合資格生だけでなくそんな独学の人も含まれています。

また修了生という言葉もポイントです。

但し書きでこのように書かれていました。

 

修了生…1級建築士設計製図の通学コースの受講者で最終模擬試験(特訓模擬試験)を受験し、採点規定による欠格要件※に該当しなかった方です。
欠格要件…当学院の採点規定において、「ランクⅣ:設計条件・要求図面等に対する重大な不適合に該当するもの」としています。(例:未完成、指定構造以外、主要な要求室・設備の欠落)

 

そう、この書き方だと

模擬試験で欠落要件に該当する図面を描く、出来の悪い日建学院受講者も『日建学院修了生以外』に含まれているということになるのです。

 

つまり一見すると大きな合格率の差は日建学院と総合資格との差のように思わされますが、

実際は「優秀な日建学院生」と「全総合資格生+不利な独学勢+出来の悪い日建学院生」との合格率の差なのです。

 

 まとめ

 独学で勉強するか、学校に通うか迷う人が本当に欲しい情報は

「入学した全ての人の内、入学したその年に何人合格したか」だけでも十分です。

独学との合格率の比較があればより親切ですが...

 

しかし、この情報だけは総合資格のホームページにも日建学院のホームページにも載っていません。

なぜ載せないのでしょうか。

 

 

関連記事

www.meadameada.net 

www.meadameada.net